【茶事】

茶事とは

---茶の湯の正式なもてなし方---
客を招き、亭主は茶室にて炭をつぎ、懐石を供し、濃茶薄茶を点てる。
道具を愛で、釜の滾りを聴き、会話を楽しみ、料理を味わい、五感を充たす時が流れる…


当亭では季節の茶事や追善の茶事などの開催やお手伝いも行なっています。
詳しくは、お気軽にお問合せください。
ご質問・ご相談は、「ここをクリック」してください。
お電話でも承ります 


 


露地は外界との関係を断って、茶室そのものにおいて美的趣味を充分に味わう助けとなるように、新しい感情を起こすためのものであった。(略)
たとえ都市のまん中にいてもなお、あたかも文明の雑踏や塵を離れた森の中にいるような感がする。

出典:岡倉覚三(岡倉天心)「茶の本」第四章 茶室 (青空文庫 村岡博訳)